ギャスパー・ウリエルは結婚して子供がいる?出演作品まとめについても

トレンド
スポンサーリンク

フランス出身のギャスパー・ウリエルさんの訃報がありました。

日本で上映される映画にも出演されていて、人気のある俳優さんでしたのでお名前を知っている方も多いのではないでしょうか。

ギャスパー・ウリエルさんはまだ37歳とお若く、お子さんがいたらあまりにも悲しい訃報ですよね。

 

また、過去の出演作品についても見返したいところです。

 

この記事では

ギャスパー・ウリエルは結婚して子供がいる?
ギャスパー・ウリエル出演作品まとめ

についてまとめていきます。

スポンサーリンク

ギャスパー・ウリエルは結婚して子供がいる?

結論から言うと、ギャスパー・ウリエルさんが結婚していたかはわかりません

しかし、子供は1人います。

 

と言うのも、ギャスパー・ウリエルさんは、プライベートをほとんど明かさない主義の方なんです。

 

しかし、パートナーの方は分かっています。

ギャスパー・ウリエルさんの子供の母親は、2013年から交際しているモデルのガエル・ピエトリさんです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Elite Modeling Agency Network(@elitemodelworld)がシェアした投稿

 

ガエル・ピエトリさんは、コルシカ島出身。

モデル事務所大手エリート・モデル企画のコンテストで優勝、モデルになりました。

モデルとして10年以上のキャリア、歌手として音楽活動もされています。

 

ガエル・ピエトリさんの所属事務所が、ガエルさんの妊娠を公表したことで明らかになりました。

ギャスパー・ウリエルさんとガエル・ピエトリさんの結婚していたかの婚姻関係は不明です。

 

子供については、「2016年2月に息子が誕生」と報じられています。

ですので、ギャスパー・ウリエルさんの子供は2022年1月現在5歳ということになります。

この超美男美女の子供ならば、超イケメンなんでしょうね!

 

フランスの新聞「Le Parisien」では

彼は家族と共にフランスのスキーリゾート、ラ・ロジエールで休暇を過ごしていた。

引用元:ELLE

と報じており、子供も一緒にいた中での今回の事故だったようです。

 

ギャスパー・ウリエルさんご家族の心情が心配です。

ギャスパー・ウリエル出演作品まとめ

ギャスパー・ウリエルさんの出演作品は数多くあるため、有名な出演作を紹介します。

・キスはご自由に(2002)
・かげろう(2003)
・ロング・エンゲージメント(2004)
・ハンニバル・ライジング(2007)
・SAINT LAURENT / サンローラン(2014)
・たかが世界の終わり(2016)
・ザ・ダンサー(2016)

この中でも特に有名なのは、ハンニバル・ライジングとサンローラン、たかが世界の終わりの3作品です。

それぞれの役でのギャスパー・ウリエルさんの画像を見ていきましょう。

ハンニバル・ライジング

ハンニバル・ライジングは2007年公開で、ギャスパー・ウリエルさんは映画史上、最も残忍で最も天才的な犯罪者のハンニバル・レクター役(主役)をつとめています。

ハンニバル・レクター博士といえば、アンソニー・ホプキンスを思い浮かべてしまう人が多い中での公開でしたが、ギャスパー・ウリエルさんのハンニバル・レクター博士もはまり役でした!

SAINT LAURENT / サンローラン

SAINT LAURENT / サンローランは、2014年公開。

ギャスパー・ウリエルさんは、天才デザイナーであるイヴ・サンローラン役(主役)を演じました。

(左がギャスパーさん、右がイヴ・サンローラン本人)

再現度も高いと評判でした。

たかが世界の終わり

たかが世界の終わりは2017年公開。

ギャスパー・ウリエルさんは、人気劇作家のルイ役を演じています。

ハンニバル・ライジングでの奇才な印象が強い方にも、すごく切ない感じや繊細な感じがとてもよく表現されていたと評判の作品です。

まとめ

「ギャスパー・ウリエルは結婚して子供がいる?出演作品まとめについても」についてまとめました。

 

ギャスパー・ウリエルさんが結婚していたかは定かではありません。

しかし、パートナーは判明していて、モデルのガエル・ピエトリさんです。

また、ギャスパー・ウリエルさんとガエル・ピエトリさんの間には子供(男の子)が一人いて、2022年2月で6歳になります。

 

過去の出演作品はたくさんありますが、その中でも有名なのは

ハンニバル・ライジング
サンローラン
たかが世界の終わり

です。

 

ギャスパー・ウリエルさんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンド
ritam55をフォローする
りーたむブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました