岸本大紀進路はGMO!難病の現状や青学での記録についても!

スポーツ
スポンサーリンク

箱根駅伝2023復路で、5人抜きという大活躍をした青山学院・岸本大紀さん。

岸本大紀さんは、大学4年生なので、その進路が気になるところですよね。

 

また、岸本大紀さんは、難病との噂があったのですが、現状その難病はどうなったのかも知りたいところです。

 

今回の箱根駅伝2023での走りもすごかったのですが、これまでの大学4年間の岸本大紀さんの記録も振り返っていきましょう!

 

この記事では、以下のことについてまとめています。

・岸本大紀進路(実業団)はGMO!
・岸本大紀の難病の現状は?
・岸本大紀の青学での記録

 

岸本大紀さん関連記事はこちらをご覧ください。
↓↓↓
岸本大紀のハゲ疑惑を検証!面白い人で兄にそっくりなのか調査!
スポンサーリンク

岸本大紀進路(実業団)はGMO!

青山学院・岸本大紀さんの進路は実業団「GMOインターネットグループ」です。

2022年10月に、GMOインターネットグループから正式に発表となっています。

岸本大紀さん本人からのコメントは以下の通りです。

 4月よりGMOインターネットグループに所属させていただくことになりました。
これまでの競技生活で培ったものを活かしつつ、常にNo. 1を目指して努力していきたいと思います。個人ではマラソンに挑戦し、駅伝でチームに貢献できるような走りをしたいと考えています。
 多くの方に、笑顔と感動を与えられるような走りをしますので、応援のほど、よろしくお願いいたします。

引用元:GMO

駅伝での岸本大紀さんが、これからも見られそうですよ!

箱根駅伝2023で岸本大紀さんが履いていたシューズのモデルはこちらです。

 

 

GMOインターネットグループの陸上部には

・青山学院大学出身者が13人中7人
・EKIDENダイレクターに青山学院大学監督原晋氏

がおり、青山学院陸上部とも繋がりが深いんです。

 

2019年度より駅伝に参入し始めたチームで、2023年のニューイヤー駅伝では5位の成績をおさめています。

様々な記録を打ち立てている超有名選手・大迫傑さんも所属しているチームであり、岸本大紀さんが加わることで、チームのさらなる飛躍が期待されます!

今から来年のニューイヤー駅伝が楽しみですよね!

同じ青山学院4年の近藤幸太郎さんの進路については、近藤幸太郎の進路(実業団)はSGH!引退危機(怪我)はもう大丈夫?をご覧ください。

岸本大紀の難病の現状は心配なし!

青山学院・岸本大紀さんには、難病とされる「突発性大腿骨頭壊死症」ではないかという噂がありました。

最近だと千原ジュニアさんが発症して話題になっていた病気です。

 

しかし、それはあくまで噂で、岸本大紀さんの実際の病名は「大腿骨疲労骨折」でした。

現状は、箱根駅伝2023での走りを見る限り心配はないかと思います。

 

岸本大紀さんの大腿骨疲労骨折の経緯は以下の通りです。

 

痛みを感じていた左脚(大腿骨)の疲労骨折が2020年9月に判明

医者からは3ヶ月は走れないと宣告を受け、陸上をやめたいくらいに思い詰めていた時期があったそうです。

9月に医者から「3カ月は走れない」と絶望的な宣告を受けた。最大の目標だった箱根への道が閉ざされた喪失感は大きく「陸上をやめたいくらいに思いつめていた。自分は何のためにチームにいるんだろうとか考えた」と告白する。

引用元:スポニチ

 

それでも、仲間の懸命に走る姿に「自分がチームの力になりたい」と奮い立ちます。

 

その後復帰に向け、2020年11月頃からトレーニングを再開

全日本大学駅伝では区間3位と一時復活しますが、次は仙骨の疲労骨折で練習ができない日が続きました。

 

昨年2022年の箱根駅伝でも万全な状態ではなかったものの、当日変更で7区を任され区間賞。

 

大学2〜3年の間は、怪我が続き思うように練習ができなかった中で、それでも諦めずに努力を積み重ね、箱根駅伝2023での5人抜きの走りができたんですね。

 

疲労骨折は、酷使することにより骨にヒビが入ってしまう状態です。

今後も長距離を走っていく限り、大腿骨疲労骨折の可能性はぬぐえませんが、たくさん怪我をしてきた経験があるからこそ、付き合い方が上手になっていくのではないでしょうか。

実業団「GMO」での岸本大紀さんの活躍も楽しみですね!

岸本大紀の青学での記録

岸本大紀さんの青山学院大学での記録は以下の通りです。

学年 大会名 成績
4年 第99回箱根駅伝 9区 区間賞
(9区歴代2位の記録)
3年 第98回箱根駅伝 7区 区間賞
1年 第96回箱根駅伝 2区 区間5位
4年 第54回全日本大学駅伝 5区 区間4位
3年 第53回全日本大学駅伝 3区 区間3位
1年 第51回全日本大学駅伝 2区 区間5位
1年 第31回出雲駅伝 2区 区間賞
4年 第101回関東インカレ 10000m 2位入賞

怪我から復帰後の3〜4年生にかけての成長が凄まじいです!

岸本大紀自己ベスト

岸本大紀さんの2023年1月現在の自己ベストは以下の通りです。

1500m 3分52秒67
5000m 13分37秒96
10000m 28分23秒71
ハーフ 1時間03分49秒

まとめ

「岸本大紀進路はGMO!難病の現状や青学での記録についても!」についてまとめました。

青山学院・岸本大紀さんの進路は、実業団「GMOインターネットグループ」です。

半数以上が青山学院出身の選手で、EKIDENダイレクターに青山学院の原監督が就任しているチームです。

 

岸本大紀さんには難病の噂がありましたが、実際には大腿骨疲労骨折でした。

現在は回復し、箱根駅伝での走りを見ても心配はなさそうです。

ただ、大腿骨疲労骨折は、今後もまたなる可能性があるものなので、トレーニングの中で、怪我をしにくい体をつくって、長く活躍してもらいたいですね!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
ritam55をフォローする
りーたむブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました