斉藤優汰の中学は岩見沢!父母・兄弟など家族や身長体重などのプロフィールも!

スポーツ
スポンサーリンク

2022年のプロ野球ドラフト会議で、広島カープが1位指名を公表している斉藤優汰さんは、北海道の出身です。

2022年10月現在、高校3年生の斉藤優汰さんですが、出身中学や小学校などこれまでの学歴・経歴が気になります。

 

また、斉藤優汰さんのようなプロになるほどの選手だと、父や母など両親がどんな方なのか、兄弟も野球をしているのかなどが気になりますよね!

 

そして、プロ野球選手としては身長体重などの体格やプロフィールも知りたいですよね。

 

この記事では、以下のことについてまとめています。

・斉藤優汰の中学は岩見沢!学歴・経歴まとめ
・斉藤優汰の父・母・兄弟など家族
・斉藤優汰の身長体重などプロフィール
スポンサーリンク

斉藤優汰の中学は岩見沢!学歴・経歴まとめ

斉藤優汰さん(苫小牧中央)の出身小学校や中学校などの学歴は、以下の通りです。

小学校:岩見沢市立日の出小学校
    (岩見沢日の出タイガース所属)

中学校:岩見沢市立明成中学校

高校:苫小牧中央高校

それでは、斉藤優汰さん(苫小牧中央)それぞれの時代をもう少し詳しく見ていきます。

斉藤優汰(苫小牧中央)の小学生時代

斉藤優汰さん(苫小牧中央)の出身小学校は、北海道石見沢市にある岩見沢市立日の出小学校です。

地元の軟式野球チームである「岩見沢日の出タイガース」で、小学4年生から野球を始めています。

 

岩見沢日の出タイガースは、2020年をもって閉団しており、現在はもうありません。

斉藤優汰(苫小牧中央)の中学時代

斉藤優汰さん(苫小牧中央)の出身中学校は、北海道石見沢市の石見沢市立明成中学校で、中学校の軟式野球部に所属していました。

 

斉藤優汰さんは、中学2年生の秋までは、実は捕手でした。

1学年下の後輩に捕手が入学したことをきっかけに、新チーム始動の2年生秋のタイミングで本格的に投手へ転向しました。

 

この時、斉藤優汰さんを指導していたのは、人数不足の明成中学校野球部と合同チームを組んでいた岩見沢緑中の教師だった日向清一さんです。

 

斉藤優汰さんは、「日向清一さんがいなければ、捕手から投手へは転向していなかった」と語っています。

斉藤優汰さんにとっての恩師は、日向清一さんなんです。

 

日向清一さんは、現在岩見沢市議会議員をしています。

 

指導者である日向清一さん曰く、中学時代も「とにかく強い球を投げていた」と語っていますが、中学生時点では、ほぼ無名の選手でした。

「とにかく強い球を投げていた」と日向さんは振り返るが、中学時代は無名の存在だった。

引用元:Yahoo!ニュース

斉藤優汰(苫小牧中央)の高校時代

斉藤優汰さんの出身高校は、北海道の苫小牧中央高等学校です。

 

斉藤優汰さんは、中学時代無名の選手ではあったものの、2校の高校から声をかけられ、上記の日向清一さんの恩師の息子が監督を務めている苫小牧中央高校へ進学しました。

その監督が、渡辺宏禎監督です。

 

斉藤優汰さんは、高校入学後、1年生の秋に初めてベンチ入りしています。
(背番号18)

高校3年生の春の道大会、夏の北海道大会では4強入りを果たしています。

 

高校3年生の現在

自己最速:151km/h
球種:ストレート・スライダー・カーブ・フォーク

と、150km/h超の球を投げる実力があります。

斉藤優汰の父・母・兄弟など家族についても!

斉藤優汰さんの父・母・兄弟などの家族は、以下の通りです。

・母
・本人
・弟

ニュース記事にて「女手一つで育ててくれた」とありますので、母子家庭であることがわかります。

父親についての情報はありませんでした。

 

斉藤優汰さんは「野球は、道具代がかかるスポーツで、そのことで母に迷惑をかけたともかけた」とも語っています。

母親が日々頑張っている姿を知って、感謝の気持ちがあるからこそ出る言葉ですよね。

女手一つで育ててくれた母はプロ志望届提出に背中を押してくれた。「野球は道具代がかかるスポーツ。自分はよくスパイクを壊すことも多くて、そういう部分では迷惑をかけたなと思う」。

引用元:日刊スポーツ

 

弟については、情報がなく、年齢・名前などは不明です。

兄の影響もあり、野球をしている可能性もありますよね!

情報がありましたら、更新していきます。

斉藤優汰の身長体重などプロフィール

斉藤優汰さんの身長・体重などのプロフィールは、以下の通りです。

名前:斉藤優汰(さいとう ゆうた)

生年月日:2004年5月27日
年齢:18歳

身長:189.5cm
体重:91kg

出身:北海道岩見沢市

趣味:小説を読むこと

※年齢や身長体重は、2022年10月現在のもの

斉藤優汰さんは、5月の春生まれです。

身長は、2022年10月現在189.5cmとかなりの高身長ですが、現在も身長は伸び続けているそうで、プロ入りしてからさらに大きくなりそうです。

 

前述の通り、斉藤優汰さんは、ストレートのほか、「カーブ・スライダーフォーク」の変化球を持っています。

その球速差は30〜40キロもあり、バッターにとっては球種が絞りづらいという特徴があります。

 

自由自在にカウントが取れるようになったら、プロでも大活躍してくれそうですよね!

カーブは真っすぐとの球速差が大きい……自分の場合は30キロから40キロの球速差があるので、バッターはなかなか絞れない。

引用元:Number Web

 

趣味は、小説を読むことで、サスペンスが好きなんだとか。

まとめ

「斉藤優汰の中学は岩見沢!父母・兄弟など家族や身長体重などのプロフィールも!」についてまとめました。

斉藤優汰さん(苫小牧中央)の出身中学・高校などの学歴は

小学校:岩見沢市立日の出小学校
    (岩見沢日の出タイガース所属)
中学校:岩見沢市立明成中学校
高校:苫小牧中央高校

で小学4年生の時から野球を始めています。

 

父母・兄弟などの家族については、母と弟の3人家族で母子家庭とのことです。

 

また、斉藤優汰さん(苫小牧中央)の2022年10月時点の身長体重は、189.5cm/91kgとかなり大柄です。

まだ身長は伸びているということで、これからの体格の改造も期待値が高いですよね!

 

プロで是非とも活躍してもらいたい選手です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
ritam55をフォローする
りーたむブログ

コメント

  1. 匿名 より:

    石見沢ではなく、岩見沢ですよ!

    • ritam55 より:

      教えていただきありがとうございます。
      修正いたしました、大変失礼いたしました。

タイトルとURLをコピーしました