米津玄師ライブ2022当選倍率がエグすぎ!チケット取り方についても!

イベント
スポンサーリンク

米津玄師さんが2年半ぶりとなるファン待望のアリーナツアー「米津玄師 2022 TOUR / 変身」が9月23日から5会場10公演行うことを発表しましたね!

久々の米津玄師さんリアルライブということで、なんとしても行きたい!という方も多いのではないでしょうか。

 

米津玄師さんのライブは毎度倍率が相当高くチケットが入手困難となっている上に、今回は前回の2020年のライブより公演数も会場数もぐっと減っているので、さらに倍率が上がりそうです。

今回の米津玄師ライブ2022は当選倍率はどれくらいになるのか気になりますよね。

 

また応募しないことには始まらないので、米津玄師ライブ2022のチケットの取り方も知りたいですよね!

 

この記事では

米津玄師ライブ2022のエグすぎる当選倍率
米津玄師ライブ2022チケット取り方

についてまとめていきます。

スポンサーリンク

米津玄師ライブ2022のエグすぎる当選倍率

米津玄師ライブ2022の当選倍率は、計算したところ

1次受付 13.6〜27

2次受付 27.7~55.5


オフィシャル先行 13倍以上

となりました!

 

薄々予想はしていましたが、やはりエグい倍率ですよね。

 

実際の計算を見ていきます。

当選倍率は応募者数(チケット申込数)÷ 収容人数(会場キャパ)で計算することができます。

米津玄師ライブ2022の1次受付当選倍率

米津玄師ライブ2022の1次受付当選倍率は13.6〜27倍となりました。

 

米津玄師ライブ2022の1次受付申し込みをするためには、CD「M八七」初回特典のシリアルナンバーが必要となります。

そのため応募者数はCD売り上げから予想していきます。

ただし、「M八七」はまだ発売前になるため、シングル「Pale Blue」の売り上げ枚数を参考にすると、30万枚となると予想します。

 

シングル「Pale Blue」の初週売り上げは15.6万枚です。

セブンネットショッピングでは、発売日までのものを初回仕様にてお届けとなっていますので、初週売り上げはほぼ初回限定盤と考えます。

となると、「Pale Blue」の初回限定盤(シリアルナンバー付)は約15.6万枚となります。

質問
CDやDVDの初回仕様の商品はいつまでに注文すれば届けてもらえるのか。
 
回答
セブンネットショッピングで取り扱いのあるCD・DVD・Blu-rayの商品については、初回仕様がある場合はご予約のご注文・発売日までのご注文につきましては初回仕様にてお届けいたします。
ただし、初回仕様商品は在庫がなくなり次第終了となります。

 

今回の「M八七」については、初回限定盤特典としてシリアルナンバーがつくことを告知しての発売となりますので、ライブ申し込みをしたいという人が複数枚CDを購入する可能性が高いです。

そのため、Pale Blueの倍である30万枚をM八七初回盤の売り上げ枚数と予想します。

 

また、米津玄師ライブ2022では、1シリアルナンバーにつき、1公演4枚まで申し込みが可能です。

30万枚分のシリアルナンバーでチケットを2〜4枚申し込んだとすると、600,000〜1,200,000枚のチケット申し込みがある事になります。

1シリアルナンバーあたり 申込者数(チケット申込数)
2枚申込 300,000×2=600,000
4枚申込 300,000×4=1,200,000

 

 

また米津玄師ライブ2022の会場キャパは、全公演で148,000人です。

1次受付分が全体の3割だと仮定すると

「148,000×3割=44,400」となります。

会場 キャパ(収容人数) 公演数 合計収容人数
東京・東京体育館 10,000人 2 20,000
大阪・大阪城ホール 16,000人 2 32,000
兵庫・神戸ワールド記念ホール 8,000人 2 16,000
愛知・日本ガイシホール 10,000人 2 20,000
埼玉・さいたまスーパーアリーナ 30,000人 2 60,000
  10 148,000

当選倍率=申込者数(チケット申込数)÷会場キャパ

で出せます。

 

最小値:60万人÷44,400=13.63…
最大値:120万人÷44,400=27.02…

 

13.6〜27倍という高倍率になりました。

米津玄師ライブ2022の2次受付当選倍率

米津玄師ライブ2022の2次受付当選倍率は27.7~55.5倍となりました。

 

今回の米津玄師ライブ2022の2次受付で使用するシリアルナンバーは、アルバム『STRAY SHEEP』の初回特典です。

『STRAY SHEEP』は、初週売り上げが約88万枚となっています。

1次受付での話にあったように初週売り上げはほぼ初回盤と考えられますので、88万枚分のシリアルナンバーがあると考えます。

 

『STRAY SHEEP』初回盤を購入した人全員が、2次受付に申し込みするのは考えにくいので、約7割(616,000人)の方が申し込みをしたとします。

88万×7割=616,000

この人数が2〜4枚のチケットを申し込んだとするとチケット申込数は1,232,000〜2,464,000枚となります。

1シリアルナンバーあたり 申込者数(チケット申込数)
2枚申込 616,000×2=1,232,000
4枚申込 616,000×4=2,464,000

 

2次受付分も全体の3割分(44,400人)だと仮定し、チケット申込数の数字をもとに倍率を計算すると

最小値:1,232,000÷44,400=27.747…
最大値:2,464,000÷44,400=55.495…

27.7~55.5倍というとんでもない数字になりました。

米津玄師ライブ2022オフィシャル先行・一般倍率

1次・2次受付で残った席について抽選がありますので、1次・2次よりさらに少ない席数に応募が殺到します。

そのため、1次・2次受付よりさらに高い倍率になるのではないかと予想します。

米津玄師ライブ2022チケット取り方

米津玄師ライブ2022チケットの取り方は

・1次受付(確定)
・2次受付(確定)
・一般(予想)

となると予想します。

 

現在、1次受付・2次受付については、公式より正式に発表となっています。

 

米津玄師ライブ2020では、1次抽選の後、オフィシャル先行、一般とありましたが、米津玄師ライブ2022ではオフィシャル先行はなしと明記されています。

 

一般については情報解禁になりましたら追記します。

チケット申込にはCD封入のシリアルナンバーが必要です。

まだCD予約できていない方はこちらから予約!!

1次受付

1次受付は、「M八七」CD封入の12桁のシリアルナンバーでの抽選受付となっています。

受付期間
5月17日(火)10:00~5月22日(日)23:59

結果発表
6月 2日 (木)12:00

入金期間
6月 2日 (木)12:00~6月 7日 (火)23:59

 

抽選は、米津玄師M八七特設ページから申し込めます。

※4月27日現在、まだ受付期間前のため、抽選受付については特設ページでまだ記載になっていません。

ファミリー席については、米津玄師ライブ2022ファミリー席とは何?年齢制限やグッズについても!をご覧ください。

2次受付

2次受付は、2020年8月発売のアルバム「STRAY SHEEP」CD封入の10桁のシリアルナンバーでの抽選受付となります。

アルバム「STRAY SHEEP」CDのシリアルナンバー封入は初回盤のみで、現在発売中の通常盤には封入されていませんのでご注意ください。

 

受付期間
6月16日(木)10:00~6月22日(水)23:59

結果発表
7月 5日 (火)12:00

入金期間
7月 5日 (火)12:00~7月10日(日)23:59


オフィシャル先行(予想)

米津玄師ライブ2020では1次受付の後、オフィシャル先行がありましたので、米津玄師ライブ2022でもオフィシャル先行があると予想します。

過去のライブを参考に考えると、米津玄師ライブ2022のオフィシャル先行は、2022年7月中旬になると予想します。

 

米津玄師ライブ2020のスケジュールは以下の通りでした。
(延期・中止がありましたが、当初予定のものを載せています)

2020年2月1日(土)公演スタート

最速先行「抽選受付」(New Single「馬と鹿」封入先行)
2019年9月10日(火)10:00〜9月15日(日)23:59
公演約5ヶ月前

オフィシャル先行
受付期間:2019年11月1日(金)12:00〜11月13日(水)23:59
(公演3ヶ月前、最速先行から2ヶ月後
当落結果:2019年11月28日(木)12:00
入金期間:2019年11月28日(木)12:00〜2019年12月2日(月)23:59

最速先行が公演5ヶ月前、オフィシャル先行が公演3ヶ月前となっています。

 

今回の米津玄師ライブ2022の公演スタートは2022年9月23日(金・祝)です。

1次受付 公演約4ヶ月前
2次受付 公演約3ヶ月前

となっていて、米津玄師ライブ2020の時よりタイトなスケジュールとなっています。

この流れからいくと、オフィシャル先行は公演2か月前となるのではないでしょうか。

一般(予想)

米津玄師ライブ2022の一般発売は、公演約1か月前の2022年8月後半になると予想します。

 

米津玄師ライブ2020では、一般発売が公演約1か月前にありました。

米津玄師ライブ2022のオフィシャル先行があるとすれば、公演2ヶ月前になるかと思いますので、そのスケジュールからいくと、一般発売は2020年同様公演1か月前の2022年8月後半となると予想します。

 

前回2020年の時は一般発売がなんと抽選でした!

今回は抽選になるのか先行になるのかもまだ不明です。

米津玄師ライブ2020一般発売(※抽選)
2020年1月4日(土)12:00〜1月8日(水)23:59
(公演約1か月前)

まとめ

「米津玄師ライブ2022当選倍率がエグすぎ!チケット取り方についても!」についてまとめました。

米津玄師ライブ2022の当選倍率は

1次受付 13.6〜27
2次受付 27.7~55.5
オフィシャル先行 13倍以上

どれも2桁越えという超高倍率でした。

現在米津玄師ライブ2022のチケットの取り方は、1次受付・2次受付のみの案内となっていますが、過去の傾向からオフィシャル先行と一般が今後発表になると予想します。

 

超激戦の米津玄師ライブ2022のチケット、当選することができたらものすごくラッキーです!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
イベント
ritam55をフォローする
りーたむブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました