ジャパンジャム2023当選倍率は低め?当落日や狙い目チケットはどれ?

イベント
スポンサーリンク

毎年恒例のJAPAN JAMが2023年も開催決定となり、出演アーティストが続々と発表になっています。

お目当てのアーティストがいたとして、申し込みたいけど、倍率が気になるところですよね。

ジャパンジャム2023の当選倍率を予想してみました!

 

また、当落日や狙い目のチケットがあるのかも見ていきますよ!

この記事では、以下のことについてまとめています。

・ジャパンジャム2023当選倍率は低め?
・ジャパンジャム2023当落日はいつ?
・ジャパンジャム2023狙い目チケットはどれ?
スポンサーリンク

ジャパンジャム2023当選倍率は低め?

ジャパンジャム2023のチケット当選倍率を計算してみたところ、約2.8〜4.1倍という予想になりました!

思ったより低めですよね?

 

チケット当選倍率は、チケット申込数÷会場キャパで求めることができます。

それでは実際に計算してみます!

ジャパンジャム2023チケット申込数

ジャパンジャム2023のチケット申込数は、1,376,000〜2,064,000枚と予想します。

 

ここでは、JAPAN JAMの公式ツイッターを参考に算出していきます。

JAPAN JAMについての公式情報を発信しているTwitterアカウント「rockin’on フェスOFFICIAL」のフォロワー数は、2023年1月26日時点で約34.4万人です。

 

このTwitterアカウントでは

・JAPAN JAM
・ROCK IN JAPAN FESTIVAL
・COUTDOWN JAPAN

3つの音楽フェスについて発信しています。

JAPAN JAM以外が目的でフォローしていることも考えると、このフォロワーのうち5割が申し込むと仮定します。

 

第1次先行抽選では、1回の先行につき、4名分まで申し込みが可能となっています。

 

・rockin’on フェスOFFICIALTwitterフォロワーのうち5割
・一人当たり4名分を申し込み
・2〜3日参加

と仮定すると

34.4万人×5割×4枚×2日=1,376,000
34.4万人×5割×4枚×3日=2,064,000

 

チケット申込数は、1,376,000〜2,064,000枚と予想できます。

ジャパンジャム2023会場キャパ

ジャパンジャム2023の会場キャパは、5日間で50万人です。

 

JAPAN JAM2023の会場は、毎年恒例の千葉市蘇我スポーツ公園(千葉市中央区)です。

会場には

・SKY STAGE
・LOTUS STAGE
・SUNSET STAGE

の3つのステージがあり、それぞれ3万人以上、合計で10万人のキャパを誇ります。

 

これが、4/30・5/3・5/4・5/5・5/6の5日間ありますので、それぞれ10万人ずつ入れるとすると、合計で50万人収容が可能となります。

ジャパンジャム2023チケット当選倍率

以上の数字からジャパンジャム2023のチケット当選倍率を計算すると、約2.8〜4.1倍との予想になります。

チケット当選倍率=チケット申込数÷会場キャパ

(最大値)2,064,000÷50万人=4.128
(最小値)1,376,000÷50万人=2.752

 

まだ、1月26日時点では、出演アーティストは勢ぞろいしておらず、これから発表されるアーティスト次第ではかなり倍率が上がってくることが予想されます。

 

ただ、昨年までのJAPAN JAMのチケット当選状況を見ると、先行抽選が終わって、JAPAN JAM開催直前の4月20日頃でも一般発売のチケットあり、また当日券もありとの案内が出ています。

これを考えると、比較的チケットは取りやすいフェスと言えるのではないでしょうか。

 

こちらで算出した倍率はあくまで予想値となりますので、参考程度にご覧ください。

ジャパンジャム2023当落日はいつ?

ジャパンジャム2023の当落日は以下の通りです。

第1次先行抽選
2月10日(金)16:00〜

入金期間は2月13日(月)16:00までの3日間となっています。

 

JAPAN JAM2022の時は

・第1次抽選先行
・第2次抽選先行
・第3次抽選先行
・一般発売(各種プレイガイド)
・当日券

とチケット発売がありました!

1次先行で外れたとしてもチャンスはありますので、諦めずに申し込んでいってくださいね!

ジャパンジャム2023狙い目チケットはどれ?

ジャパンジャム2023での狙い目チケットは、第1次抽選先行での複数日通し券です!

 

というのも、1次先行の時点では、まだ出演アーティストが全て発表になっておらず、ごく一部なんです。

しかも5/3~5/6はビバラロックと日程丸かぶりなこともあり、どちらに行くかアーティストが出揃ってからと考えている人も多いです。

 

過去のTwitterを遡って調査したところ、3日通し、5日通しチケットの当選ツイートが多く見られました。

アーティストが出揃わない時点で通しのチケットを取るのがかなり賭けになることから応募する人が少なめの傾向にあるようです。

もうお目当てのアーティストの情報が出ているのであれば、1次抽選先行で申し込むのが狙い目です!

まとめ

「ジャパンジャム2023当選倍率がヤバイ!当落日や狙い目チケットはどれ?」についてまとめました。

ジャパンジャム2023の当選倍率は約2.8~4.1倍との予想になりました。

1次抽選先行時点では、出演アーティストが出揃っていないためまだ応募する人が少なめな傾向にあるようです。

狙うなら1次先行が狙い目です!

 

JAPAN JAM2023の1次抽選先行の当落日は2月10日(金)16時です!

2023年のフェスも最高の思い出になりますように!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
イベント
ritam55をフォローする
りーたむブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました