藤本タツキが子役をしてる?ながやまこはるの正体は先生本人!

トレンド
スポンサーリンク

漫画家の藤本タツキ先生が新作長編読み切り「さよなら絵梨」が配信になり話題になっていますね!

そんな藤本タツキ先生のツイッターを調べてみようかなとすると、トップにくるのはなぜか「ながやまこはる」という小学3年生のアカウントです。

 

実はこの「ながやまこはる」アカウントは、藤本タツキ先生ご本人が運営しているツイッターアカウントなんです。

なぜ「ながやまこはる」アカウントが藤本タツキ先生ご本人のものとわかったのか知りたいですよね!

また、藤本タツキ先生どはうしてながやまこはるという小学3年生の子役を演じているのか、編集部の意向なのかなど気になります。

 

この記事では

藤本タツキが子役「ながやまこはる」発覚の理由
藤本タツキが子役「ながやまこはる」を演じている理由

についてまとめていきます。

スポンサーリンク

藤本タツキが子役「ながやまこはる」発覚の理由

小学3年生の「ながやまこはる」ツイッターアカウントを子役として藤本タツキ先生が演じているということが発覚した理由は、ジャンプ編集部の調査により、藤本タツキ先生がカミングアウトしたというものでした。

 

「ながやまこはる」アカウントでは、小学3年生のながやまこはると称したファイパンチとチェンソーマンが好きな女の子がお兄ちゃん(藤本タツキ先生)の作品の宣伝をしたり、「〇〇をたべました」と食べたものなどをツイートしていたりします。

つまりは、藤本タツキ先生の小学3年生の妹設定のアカウントなんですね。

 

しかし、このアカウントは、通常であれば著作権侵害になりかねない、藤本タツキ先生の漫画の画像を頻繁にツイートしています。

 

ジャンプ編集部の林さんが、この「ながやまこはる」アカウントを見つけて、藤本タツキ先生の関係者を騙っているやばいファンのアカウントだと思い、藤本タツキ先生に事実確認をしました。

藤本タツキ先生:『ファイアパンチ』の連載直前にTwitterで、「ながやまこはる」アカウントを見つけてきて「藤本くんの関係者を騙っている人がいるから、警告してやめないなら、訴えようと思っている」って言ってきて…

林さん:覚えている…!藤本くんに早くもヤバいファンがいる、訴えなきゃって言った記憶が。

引用元:ジャンプルーキー!

 

どうしようか悩んだ結果、藤本タツキ先生本人が運用しているアカウントであることを告白したという流れでした。

藤本タツキ先生:あーどうしようって思って「それ僕です」って言ったら、林さんが凄くびっくりしていて…。

引用元:ジャンプルーキー!

 

「ながやまこはる」は藤本タツキ先生本人だということがわかりましたね!

でも、ここで気になるのは、なぜ「ながやまこはる」としてツイートをしていたということですよね。

藤本タツキが子役「ながやまこはる」を演じている理由

藤本タツキ先生から「ながやまこはる」アカウントは藤本タツキ先生本人のものであることは明かされましたが、理由までは明かされていません

 

ここからは想像の部分になりますが「ながやまこはる」を演じてツイートする理由は

・あまり縛られることなく自由にツイートできる
・設定を作ってツイートするのが楽しい

というのが考えられます。

 

藤本タツキ先生本人の「公式ツイッター」という形になると、藤本タツキ先生自身の言葉で語ることになり、ツイート内容にある程度縛りが出る可能性があります。

それが小学3年生の妹という設定があるおかげで、子供のツイートだからという認識も生まれ、それなりに許容されることも多いと考えたのではないでしょうか。

 

また、漫画家という想像を膨らますのが得意な方ですので、単純に自身ではない役を考え演じるというのが楽しいというのもあるのではないでしょうか。

 

「ながやまこはる」アカウントは、藤本タツキ先生がファイアパンチの連載をする約3年前の2012年9月に開設され、2013年8月3日からツイートが始まっています。

 

藤本タツキ先生が「ながやまこはる」は自身であるとカミングアウトしたことがわかったのが、2020年7月2日投稿のジャンプルーキー!です。

カミングアウトされて編集担当の方が困惑して狼狽えるくらいですので、編集部の意向でアカウント運営をしているわけではないのは確実です。

 

カミングアウト後も、藤本タツキ先生は、小学3年生の藤本タツキ妹の「ながやまこはる」としてツイートを続けています。

 

カミングアウトしたなら藤本タツキ公式ツイッターとしてもいいような気がしますが、現在もまだながやまこはるとしてツイートを続けていますので、藤本タツキ先生も小学3年生の妹設定というのを気に入っているのではないでしょうか。

 

ファンの間では「ながやまこはる=藤本タツキ先生」は有名な話で、藤本タツキ先生の新作を読んだときに、ながやまこはるちゃん宛に感想を述べるツイートもたくさんあります。

ながやまこはるアカウントがなくなったら寂しくなってしまうファンも多くいそうですね。

最後に、「ながやまこはる」設定を確認しておきます。

「ながやまこはる」設定

名前「ながやまこはる」で小学3年生。

藤本タツキ先生の妹。

 

普段ツイートは、おとうさんのノートパソコンからしています。

 

食べたものに関するツイートが多く、好きな食べ物はエビフライ、嫌いな食べ物はすぶたです。

 

自画像は美少女で、角が2本あります。(もはや設定がヤバイ感じです笑)

 

お兄ちゃん(藤本タツキ先生)の新作が出ると、漫画の画像投稿、宣伝をします。

藤本タツキ先生のコミックスはこちらからチェック!出来ます。)

 

ツイッターを始めたばかりの時は、毎日3ツイート以上と頻繁にツイートしていましたが、現在はかなり多忙なのか数日に1度というペースです。

 

まとめ

「藤本タツキが子役をしてる?ながやまこはるの正体は先生本人!」についてまとめました。

 

ながやまこはるアカウントが藤本タツキ先生の漫画の画像をツイートしたり、藤本タツキ先生をお兄ちゃんと呼んでいることから、藤本タツキ先生の妹を騙ったヤバイファンだという疑いがありました。

しかし実際には、藤本タツキ先生本人が、ながやまこはるアカウントは自身がツイートしているものであることを2020年にカミングアウトしています。

カミングアウト後も、ながやまこはるという子役を演じてツイートを続けていますので、藤本タツキ先生本人もながやまこはる設定が気に入っているのかもしれませんね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンド
ritam55をフォローする
りーたむブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました