王将戦中継無料はある?視聴方法まとめと棋譜中継についても!

トレンド
スポンサーリンク

第72期王将戦がスタートし、第1〜2局がすでに終了しています。

1月28〜29日には第三局があります。

王将戦第二局以降の無料中継はあるのでしょうか

第72期王将戦(2023)の視聴方法をまとめていきますよ!

 

また、中継は見られなくても、王将戦棋譜の中継だけでも見たいという方もいますよね。

王将戦棋譜中継が見られる場所についてもまとめていきます!

 

この記事では、以下のことがわかります。

・王将戦中継無料(映像)はある?
・王将戦中継視聴方法まとめ!最安はどこ?
・王将戦棋譜中継が見られるのはどこ?
スポンサーリンク

王将戦中継無料(映像)はある?

結論から言うと、第72期王将戦第二局以降は、1月18日時点では映像での無料での中継はありません。

第72期王将戦第一局は、YouTubeでの無料配信がありましたが、王将戦第二局以降は有料での配信のみとなっています。

 

王将戦第一局は、こちらで見ることができますよ!

 

では、具体的に第72期王将戦は、どこで視聴することができるのか、視聴方法を見ていきましょう。

王将戦中継視聴方法まとめ!最安はどこ?

第72期王将戦中継の視聴方法・料金は、以下の通りです。

最安は、囲碁将棋プラスの月額390円となっています。

藤井聡太さんと羽生善治さんの王将戦七番勝負以外の全ての対局をみるには囲碁将棋プレミアムで可能です。

棋譜の中継については、次の見出しで説明していきますね!

サービス名 料金 特徴
ABEMA PPV 一局あたり
420ABEMAコイン
(504円相当)

七番勝負第二〜七局まで
504円×6=3024円

・一局ずつチケットを購入する形
・テレビでも視聴可能
CS囲碁将棋チャンネル
(スカパー!など)
CSの中ではスカパー!が最安で
七番勝負第二〜七局まで視聴すると
トータル2788円

※キャンペーン適用時

・王将戦だけでなく、他の対局や囲碁将棋の講座番組も
・囲碁将棋以外の音楽、映画、アニメなども見られちゃう!
・テレビで視聴可能
囲碁将棋プラス 月額390円

七番勝負第二〜七局まで
390円×3ヶ月=1170円

・YouTubeやニコニコ動画の有料会員になる形
・テレビで視聴可能
囲碁将棋プレミアム 月額990円

七番勝負第二〜七局まで
990円×3ヶ月=2970円

・第72期王将戦全21局が視聴可能

それでは、それぞれの視聴方法を見ていきます。

王将戦視聴方法①ABEMA PPV

王将戦視聴方法1つ目は、ABEMA PPVです。

ABEMAでは、七番勝負の一局ごとにチケットを販売しています。

一局あたり504円でクレジットカードでの決済となります。

 

残りの第二局〜七局まで見るとなると

504円/局 × 六局 = 3,024円

となります。

 

他と比べると若干割高にはなりますが、追っかけ再生(放送中も最初から視聴が可能)や見逃し視聴(約2週間)があります。

ABEMA PPVでの詳しいチケットの買い方や視聴方法は「ABEMA PPVでの王将戦買い方・視聴方法!無料中継はある?」をご覧ください。

王将戦視聴方法②CS将棋チャンネル(スカパー!など)

王将戦の視聴方法2つ目は、CS将棋チャンネルです。

CS放送は、スカパー!やJ:COM、ひかりTVなどで将棋チャンネルを契約することで視聴することができるようになります。

J:COMやひかりTVなどは、対象外の地域もありますので、こちらではスカパー!の場合を説明していきます。

 

料金は、第72期王将戦七番勝負(藤井聡太・羽生善治)全部を見ようと思うと3月末まで契約が必要となり、以下のようになります。

※1月31日までの基本プラン視聴料加入翌月390円キャンペーンを適用の場合

初月(1月) 基本パック0円
翌月(2月) 基本パック 819円
翌々月(3月) 基本パック→囲碁将棋チャンネル単体へ切り替え 1969円
ーーーーーーーー
トータル 2788円

 

スカパー!では、1月31日まで、基本パックという50ch見放題のプランの視聴料が390円になるキャンペーンを実施中です。

加入月 0円
加入翌月 390円 (通常1980円)

 

このキャンペーンを使って

・加入初月〜翌月は基本パック
・3ヶ月目からは基本パックから囲碁将棋チャンネル単体に切り替え

とすることで、トータル2788円で見ることができます。

 

今、自宅のアンテナで衛星放送を受信できるアンテナがついているのであれば、簡単にスカパー!を導入することができます!

リモコンのCSボタンを押して、番組表を開き、CS161を選択。

CS161が映れば、スカパー!に電話やネットから申し込みして約30分で、囲碁将棋チャンネルが見られるようになりますよ!

 

せっかく有料のチャンネルを契約するなら囲碁将棋以外も目一杯楽しみたいという方にはスカパー!がおすすめですよ!

\1月31日までなら「基本パック」での契約がお得!/

王将戦視聴方法③囲碁将棋プラス

王将戦の視聴方法3つ目は、囲碁将棋プラスです。

囲碁将棋プラスは、YouTubeやニコニコ動画の「囲碁将棋プラス」のチャンネルの有料会員になることで視聴が可能となります。

 

第72期王将戦七番勝負をすべて見るとなると、1月〜3月の3ヶ月有料会員になる必要があるので、3ヶ月間で

390円/月 × 3ヶ月= 1170円

となります。

 

ここでは、YouTubeの場合の有料会員になる方法を説明しますね!

YouTubeチャンネル「囲碁将棋プラス」にアクセス

②ページトップにある「メンバーになる」をタップ


③ポップアップの「メンバーになる」をタップ


④クレジットカードかPayPalでの支払い

 カード情報を入力し、画面右下の購入ボタンをタップ

⑤対局当日、囲碁将棋プラスのメンバー限定のものが視聴可能に

メンバーシップは、毎月自動更新されますので、解約手続きしない限りはメンバー料金がかかります。

 

解約するときはYouTubeのメンバーシップ管理からできます。

チャンネルのホームページで [メンバー特典] をクリックしてメンバーシップ管理画面を開く 次に "" を選択 次に [メンバーシップと特典の利用を終了する] をクリックします。
または、パソコンで次の手順を行って解約することもできます。
  1. YouTube にログインします。
  2. youtube.com/paid_memberships にアクセスします。
  3. 解約するチャンネル メンバーシップを見つけ、[メンバーシップを管理] をクリックします。
  4. [無効にする] を選択します。
  5. [メンバーシップを終了] を選択します。
  6. 解約を確認する画面が表示されます。

メンバーシップの解約がうまくいかない場合は、こちらをご覧ください

引用元:YouTubeヘルプ

 

YouTubeをテレビで見るには、アプリが搭載されているテレビであればそのYouTubeアプリで。

アプリ未搭載テレビなら、Amazon Fire TV Stickをつければ、テレビで快適に観られちゃいますよ!

Amazon Fire TV Stickの詳細はこちらからチェック↓


Fire TV Stick – Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー

王将戦視聴方法④囲碁将棋プレミアム

王将戦視聴方法の4つ目は、囲碁将棋プレミアムです。

囲碁将棋プレミアムは、月額990円となっており、第72期王将戦七番勝負をすべて見るとなると、1月〜3月の3ヶ月有料会員になる必要があるので、3ヶ月間で

990円/月 × 3ヶ月= 2970円

となります。

 

会員登録さえ済ませれば、すぐに視聴が可能となります!

ただ、2021年は通信が安定しないということもあったようです。

 

囲碁将棋プレミアムの会員登録はこちらから可能です。

王将戦棋譜中継が見られるのはどこ?

第72期王将戦の棋譜中継が見られるのは以下の通りです。

無料中継
毎日新聞

有料中継
将棋連盟ライブ中継アプリ

 

棋譜無料中継となる毎日新聞は、七番勝負は、対局から30日間無料で棋譜を見ることができます。

王将戦リーグの棋譜については、宅配購読者など条件付きで無料で見ることができます。

 

有料中継となる将棋連盟ライブ中継アプリは、月額550円となっています。

リアルタイムはもちろん、過去の対局の棋譜についても見放題となっています。

 

中継中、大盤解説会や検討室でのコメントが掲載され、対局後には対局者のコメントも見ることができます。

映像で見ることはできませんが、藤井聡太さんも使っている評判のいいアプリです。

 

初回2週間は無料で利用が可能となっています。

2週間以内に解約すれば、料金はかからず利用できますよ!

まとめ

「王将戦中継無料はある?視聴方法まとめと棋譜中継についても!」についてまとめました。

第72期王将戦の中継は、第二局以降は無料のものがありません。

 

視聴方法には

・ABEMA PPV
・CS囲碁将棋チャンネル
・囲碁将棋プラス
・囲碁将棋プレミアム

がありますが、中でも最安なのが囲碁将棋プラス( YouTubeやニコニコ動画の有料会員となって視聴)でした。

 

当日、リアルタイムで観たいけど、スタートに間に合わないかも…という場合には、ABEMA PPVに追っかけ再生がありますので、そちらがおすすめですよ!

 

棋譜中継については、毎日新聞が無料。

詳しい解説付きで見るなら有料の将棋連盟ライブ中継アプリがおすすめです!

 

超注目対局である第72期王将戦七番勝負、一番合うものを選んで楽しんでくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンド
ritam55をフォローする
りーたむブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました